FC2ブログ

科学絵本の紹介〜うみのほんーたべものリレー

こんばんは、まいちこと坂倉真衣です。
10月も半ばになるのに、まだまだ暑い日が続きますね。
未だに扇風機をしまうことができません。

****

先日、ご案内をさせて頂きましたコドモtoサイエンスカフェ 第二回の準備を進めています。

当日は、先生のご好意で九大にある沢山の昆虫標本も持って行くことができそうです。

お申し込みも続々と頂いています。
まだ定員には、空きがありますので、是非興味のある方は
参加をご検討ください!

楽しい時間になりそうで愉しみです〜


****

さてさて、今日は私の趣味(?)の一つであります、
お気に入りの科学絵本のご紹介です。

昔から絵本が大好きで、
現在も身近な科学に触れることのできる入り口として
活動の中に取り入れています。
(まだまだ模索中。。。)

今日は、子どもたちと海に行ったときに読んだ一冊をご紹介。

うみのほんーたべものリレー/まつざわせいじ著、ともながたろ絵/文化出版局
うみのほん



特徴を捉えた優しくて迫力のあるタッチで、
色々な魚たちの「食べる工夫」が描かれています。
食物連鎖という大きなテーマと同時に、
それぞれの魚たちのもつ「食べる工夫」に思わずへ〜っと感心してしまいます。
詳しい解説も載っているので、お話としても、
ちょっと魚について詳しく知りたいときにも楽しめる一冊です。

ちなみに、「ちりめんモンスター」を探したときにも
この絵本を子どもたちと一緒に読みました。
海の中にも、色んな沢山の魚たちがいて、それぞれが食べる工夫
もっと言うと生きる工夫をしていること。

私も海の近くに住んでいますが、中々行く機会がないので、
こうやって本を読んで、海の奥深くのこと色々と想像をしています。

いつでもどこでも、ページをめくると
こうやって想像の旅に出れること。絵本の大きな魅力の一つですネ。

そんな訳で、今日の私のお休みの一冊にもしたいと思います。
今夜は、海の夢が見られるかな〜まいち
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。