FC2ブログ

まだ空きがありますヨ〜^^

こんにちは、坂倉真衣です。
梅雨の時期ですが、雨の合間に少しずつ夏を感じる毎日です。
少しずつ暑くなってきましたねー!

*********

さてさて、表題の通り、
こちらの催し、もう少し空きがありますヨ^^

「発見したもの、びっくりした気持ちを絵本にしよう」
日時:6月30日(土)10時〜12時
博物館ってどんな場所?
九州大学にある博物館をみんなで探検!
そこでの「発見」や「びっくりした気持ち」を
絵や文にしてみんなに伝えよう☆
それぞれが描いた絵はまとめて絵本にして、
ほかの人にも見てもらえるようにする予定です。

定員:15名程度 参加費:無料
対象:どなたでも ※小学生未満のお子様は保護者同伴でご参加頂きますようお願いいたします。
会場:九州大学箱崎キャンパス (10時に50周年記念講堂に集合です。)
主催:CLCworks  協力:九州大学総合研究博物館
申込方法:お名前、参加人数、ご連絡先を明記の上、clcworks2012@gmail.com(坂倉)までメールにてお申し込みください。ご不明な点等もこちらまでお願いいたします。


九州大学博物館のバックヤードにも入れる機会なので、
子どもたちも大人の方もぜひご参加くださいね。


************


科学の絵本、今日はベタベタですが。
こちら。

もしも原子がみえたなら/仮説社

もし原子


この絵本は古くから知っていて、
私も個人的には大好きだったのですが。

字は結構多いし、簡単な内容ではないし、、、なんて
実は子どもたちと一緒に読んだことはありませんでした。

それが最近教えている高校生に
「(そもそも)原子ってなにー??」て聞かれたので、
ゆっくり時間をかけて一緒に読んでみました。

いつもは騒がしい子たちが静かに聞いている!!笑

それだけでも驚きだったのですが、
「あっだから髪の毛ってほっといても乾くんだ!」とか
「だから曇ったら雨が降ってくるんだ」、、なんて
高校生なりにストン、と腑に落ちるような
気づきがあったようです。

「原子ってなに??」なんて、
中々、言葉では説明しにくいものです。

腑に落とす説明って中々出来ないですよね。
だからこんな風に絵本を通して、
ある言葉ではなく、現象「全体」として、
理解することができるのはすごく分かり易いと思います。

また教科書だけだと当たり前に並んだ「周期律」に、
「どうして原子の話をしないといけないのか」が
なかなか見えにくかったりするんですね。

この絵本は、「空気」や「雨」などを例に出しながら
自分たちの生活、日常に結びつく形で
具体的に説明がしてあります。
(中でも空気を使った説明は圧巻!)

さらに驚いたのが、
旧学習指導要領の高校化学Ⅰの第一章の辺りをほとんど網羅しているんです。
この絵本を読んでからだと、
ハロゲンや希ガス、
またイオン結合や、共有結合についてのすごく教え易かったです。

ハロゲンの「1つの原子だけで存在する性質」に、
「へ〜自由奔放で私みたい。笑」と言った生徒が印象的でした。


(そう言ったあとに、どうしてハロゲンが、
そういう性質を持つのか、イオン配列を学習。)

「菌が見える」漫画、「もやしもん」より随分と昔に出た
「原子」バージョン。

色々使えそうだなあ〜
これからさらなる活用を考えていきたいです。



科学絵本に限らないですが、
絵本って本当にすごいなあ、、と思うのです(あくまでも私信です。笑)
表紙の扉を開いた瞬間、
ふっとそのページに惹き付けられて、
見入るように静かになる子どもたちにいっつも驚かされます。

絵本はね、私の原点の1つだったりもするんですね〜。
これからも科学絵本、色々知って楽しんでいきたいです。
また紹介しますね。

それでは、また。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。