FC2ブログ

科学の絵本〜うーらうららはるまつり


こんばんはー!まいちこと坂倉真衣です。
まだまだ冷えますね。

福岡では昨日今年おそらく一番の積雪でした!



最近は3月17日に迫った
コドモtoサイエンスカフェ2011の最終回@アクロス円形ホールの準備を進めています。

もう少ししたら告知をさせてもらいますね=

色々と慣れないことも多く手間取っていますが、
とっても楽しい会になりそうです〜っ
わくわく。





今日の一冊は春に先立ってこんな絵本。

うーらうららはるまつり
うーらうららはるまつり/福音館書店


小さい頃に読んで、とーっても大好きだった一冊です。
一昨年のちょうど今頃、何だか急に思い出して
かすかに、おぼろげに覚えていたいくつかのキーワードで検索をして
再び出会うことができました。

冬が終わりに近づいて、少しずつ春の気配を感じ始める頃、
読みたくなります。

自然がくれた恵み、なんて言うと大げさかもしれないけれど
小さい頃、田んぼや空き地の中で夢中になって遊んだことを思い出しますね
何より贅沢な時間だったなあと思います

出てくる子どもたちも、保育園の二人の先生(おばあちゃんせんせいとおねえさんせんせい)も
生き生きと描かれていて、
草花に触れる感覚とかにおいとかがリアルに感じられ
その絵本のなかで起きている色んな出来事の中に、自分の子ども時代を重ねて見たりしています

ただただ、楽しかったんだよなあ
本当に夢中っていう言葉も思いつかないくらい、夢中でした

冬から春に近づいて、薄緑色の新芽が新しく出るだけで、
小さな赤い蛇イチゴを見つけるだけで、ドキドキ居ても経ってもいられなかった
そう、水色のオイヌノフグリ!
ホトケノザの蜜も吸ってましたね〜

光景がありありと思い返されます。

そういう体験、いつまで経っても大切にしたいですネ。

絵本の紹介というより、
私の思い出語りみたいになってしまいましたが。笑


絵本では春の草花を使ったいろいろな遊びも紹介してあるのですが、
その1つ1つもとっても魅力的です

春になったら春の草花をたくさん使ったはるまつり、やりたいなあ〜



それでは、またまいち






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。