FC2ブログ

科学絵本の紹介〜じっけんきみの探知機



先日の「科学の種の見つけ方講座 vol1〜ペットボトル顕微鏡をつくってみんなで発見しよう〜」には
3冊の本を持って行きました。


ミクロの世界
ミクロの世界(たくさんのふしぎ傑作集)/田中敬一

ひとの眼でも、光学顕微鏡でも見えない
電子顕微鏡を使ってようやく見える世界が広がっています。



ミクログラフィア
ミクログラフィア図版集―微小世界図説 /ロバートフック

細胞を発見されたロバートフックさんの本。
図書館で借りて持って行きました。中でもノミのスケッチは圧巻。
(虫嫌いの人は思わず目をつぶってしまうかも)
フックさんの感動がありありと伝わってくるようです。


じっけん きみの探知器
じっけん きみの探知器(たくさんのふしぎ傑作集)/山下恵子

個人的にとっても好きな本。
探知器のしくみは、だれでも同じなんだけど、探知器でまわりをさぐってつくりあげた世界は、一人一人ちがっている。これは、その人の興味によって、探知器の向きやするどさがちがうからだ。もっと耳をすまそう。もっと目を見はろう。きみの探知器をはりめぐらして、ピッピッピッと世界を感じよう。きみのつくる世界はどんなかな?
今日も大活躍だった、ぼくの探知器、私の探知器。明日の朝まで、ゆっくりおやすみ。




まだまだ寒いけれど、少しずつ春を感じる最近です。
新しい出会いも少しずつあるよ〜っ


それでは、また1




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。