FC2ブログ

コドモtoサイエンスカフェ第五回 〜ほね博士に聞いてみよう♩〜 開催報告

コドモtoサイエンスカフェ第五回でした!
この日は、九州大学総合研究博物館の「ほね博士」、舟橋京子先生が来てくださいました!


Unknown.jpg
まずは、コドモtoサイエンスカフェでは恒例となった席決め!
受付で「骨(骨格標本)」のシールを渡して、、、



へび-300x225

その骨の動物のポストカードのある席に座ってもらいました。
ブログに載せた骨の写真はヘビのもの!
カフェの際のは、ウサギとハリネズミの違いが見分けにくかったようです。


IMG_0518(変換後)

ほねほね/福音館書店の絵本を読んで、身近なようで意外と知らない
骨の不思議について考えます。骨からどんなことが分かるんだろう!?


IMG_0528(変換後)

骨博士、舟橋先生の登場です!

IMG_0557(変換後)

頭蓋骨の骨格標本を囲んで...何の骨だろう!?どれとどれが人間かな!?


IMG_0633(変換後)

「骨」から当時行われていた「通過儀礼」のことを調べられている、、という先生のお話を聞いて、


IMG_0645(変換後)

最後は会場を交えてのトークでした!


IMG_0672(変換後)

今回も沢山の質問が出ていました。
時間の関係で全部の質問を話題に挙げることが出来なくて残念でした...
(舟橋先生もそう言われておられました...)

先生には質問をお渡ししたいと思うので、
また是非、機会があったら答えて頂ける時間を取れたらいいな、と思っています☆


今回もご参加下さった皆様,本当に有り難うございました!

maichi2(変換後)






スポンサーサイト

【本日!】コドモtoサイエンスカフェ告知/科学絵本紹介

こんにちは、まいちこと坂倉真衣です。

まだまだ毎日暑い日が続いていますね。
皆様、体調等崩されていないですか。
福岡では、ここのところ続いてだった極地豪雨が降ってから、
気持ち涼しくなった気がしています。

このまま秋に突入!!?でしょうか。
(まだ夏らしいことほとんどしてません〜。。。)

****************


さてさて今回は、コドモtoサイエンスカフェ第五回の再告知です。
こちら。
本日ですー!!!!!
まだ空きがありますヨ^^ 当日の飛び入り参加も大歓迎です。

夏休みの思い出の一つにいかがですかー!???


表
浦

コドモtoサイエンスカフェ2012 ほね博士に聞いてみよう!〜ほねから分かることってどんなこと?〜

今生きている、昔生きていた人や動物の骨、調べることでどんなことが分かるのでしょう!?
みんなのからだの中にあるけれど、なかなか考えることのない骨のお話。
骨を調べることで見えてくるヒミツをほね博士と一緒に探ってみよう!


日時:2012年8月25日(土)17:00〜18:30
場所:箱崎水族館喫茶室
参加費:500円(1ドリンク&会場費込)
お申し込み方法:clcworks2012@gmail.com(坂倉)まで、参加される方のお名前、お子様の年齢、ほね博士への質問(任意)を明記の上、メールでご連絡下さい。

主催:CLCworks
協力:箱崎水族館喫茶室、九州大学総合研究博物館


今回は、いつもより参加者が少ないです〜。
夏休みの最後の日曜日。子どもたちは、宿題に追われてるかなー。
そんな子どもたちは、ぜひ、自由研究のネタに!笑
ほね博士と気軽におしゃべり出来るよい機会ですので、
興味のある皆様は、ぜひ参加をご検討くださいませ。

参加される予定の方からは、こんな質問も来てますよー!!!!

ほねってどうやってできるんですか?(小学3年生から)

高齢になりカルシウムが不足すると「骨粗しょう症」に
なりやすいと聞きますが、その組織を調べることによって
当時の食性や生態系など、調べられるのでしょうか?
(大人の方から)

会場とのおしゃべりも含めたゆるりとした会になればと思っていますので、
骨について何気ない疑問を持っている皆様、ご参加下さい〜!

*************************


さて、久しぶりになりましたが、
科学絵本のご紹介です。今日は2冊!


ほらあめだ!/フランクリン•M•ブランリー/福音館書店
ほらあめだ 画像
雨のできる仕組みを確かめに、気球に乗って雲の上にGO!
ファンタジーな展開や、色彩豊かな絵に見ているだけでわくわくです。

からだたんけん/ジョアンナ•コール/岩波出版

からだたんけん
こちらは、身体に入った食べ物の行く先を探るため、バスに乗って、身体の中へGO! 科学を勉強していると、目には見えない物も見えてくるし、行けない場所にも「そこにいる」感覚にしてくれる。身体の中のことが、生き生きと分かる一冊。


2冊とも海外の絵本で、
ファンタジーとサイエンスが一緒になったような絵本です。
前者はあめの仕組みを知るために、後者はからだの中を知るために、
気球に乗ってお空の上に、車に乗って身体の中に行っちゃいます。

こんなこと出来っこないし、それは科学的じゃない!なんて言われそうですが。

こういう「そこにいる」感覚、
見えないんだけれど、そのものが「見える」感覚、って科学研究をしたことのある人だったら誰しも持っているのではないかなあ、、なんて思っています。


以前、紹介をした「もしも原子がみえたなら」の作者の板倉聖宣さんもあとがきでこうかかれています。


<科学者の使っている不思議なメガネ>の思い出
(板倉先生が子どもの頃に読んだ『物理化学物語』という本に書いてあったことをめぐって)

 じつは、その「<不思議なメガネ>を使うと原子や分子の動きまでも見える」というのは本当のことではありません。しかし私は、その話を本当の話として受け入れてしまいました。しかも私は、その後大学生になってまでも、何となく「原子や分子は、その動きまで目に見えるものだ」と思い込んでしまいました。しかし、その思い違いは私にとってマイナスになることはありませんでした。
 その頃の私だって、「本当は電子顕微鏡を使っても、原子や分子は見ることはできない」ということを知っていたはずなのですが、私はあたかも原子は目で見えるものと思いつづけたのです。そのため私は、同世代の科学者の卵よりもずっと、生き生きと原子/分子の世界をイメージすることができたような気がしてなりません。




この話は、また近いうちに。
それでは、またmaichi画像

エレファントノーズ!〜酸素発生実験について〜


こんばんは、坂倉真衣です。
コドモtoサイエンスカフェ第五回にお申し込み下さった方、有り難うございます^^
まだまだ空きがありますので、ご興味のある方はぜひ参加をご検討くださいませ。
(開催場所である「箱崎水族館喫茶室」は毎年9月に放生会という大きなお祭りが行われる筥崎宮のすぐ近くです。お宮のお散歩ついでにでも是非いかがでしょうか☆海の近くなので、風も気持ちよいですよー!)

****************

さてさて、最近のブログについているアクセス解析(?)はすごくって。
私は、パソコン機械にはめっぽう弱いのですが・・・

その解析では、どんな検索ワードでこのブログに辿り着いてこられたかが分かるんですね。
解析によると、、九州大学総合研究博物館、少年科学文化会館の共催展示
FUKUOKA こども 地球防衛隊が始まってからは、こちらの内容についての検索で来られる方が多いようですので、
今回はそこで行っている実験について書きたいと思います。

今回紹介をする実験は、展示内の「水素をつくれ!」というコーナーで
1日に三回程行っているものです。

エレファントノーズ写真

その名も「エレファントノーズ」!!

安全上、水素を発生させる訳にはいかないので、
子どもたちには気体が発生する過程を見てもらう、、ということで、
「酸素発生」の実験をしています。

(後ろに大きく「水素をつくれ!」と書いてあるので、
最初に説明をするようにはしていますが、勘違いさせちゃうこともあります・・・)

日常生活の中でも手に入れられるものを使って、
おうちでもできる実験です。

使う材料はこちら・・・
○髪を染めるブリーチ剤(液体タイプのもの)
 ※この中に入っている過酸化水素が反応に関係します。
○ドライイースト(50℃くらいのお湯に溶かして使います。)

反応に関係するのは上の2つのみ。
あとは、反応が見やすいように、

○食器用洗剤
○食紅  を使います。

その他、実験に使う用具として、
○ペットボトル、かき混ぜる棒(箸などでよい)、容器(何でも) です。

やり方としては、
1.ペットボトルにブリーチ剤、洗剤を入れる。
2.他の容器にドライイーストを入れ、50℃位のお湯で溶きよく混ぜる。
3.お湯を入れたドライイーストに食紅で色を付け、準備完了!
あとは、容器に入ったドライイーストをペットボトルに注ぐだけです。

酸素が発生することで、洗剤が泡立てられて、
ペットボトルの口から勢い良く「ぞうのはな」のように、パオーン!と泡が出てきます。

その様子から「エレファントノーズ」という実験だそうです。
カナダやアメリカのサイエンスショー等でよくされる実験だと聞きました^^


反応としては、過酸化水素(H2O2)が分解されるだけなので、
高校で習う消化酵素「カタラーゼ」を含んでいる
肝臓(レバー)や大根を入れても良いと思います。
(ただし、どのくらいの勢いで泡が出てくれるかは不明・・・)


海外で多くされる実験だそうで、
日本のブリーチ剤は海外のものに比べて、過酸化水素の濃度が薄いんですね。
なので、おうちでやる際には、海外のサイエンスショーで見るものよりは、少し迫力不足になるかもしれません。

そんな裏話もありながら、、、
ぜひみなさま、おうちでもされてみて下さいね!!


次回は大人気の分子カードのご紹介でもしようかな。
海猫屋さんという理科教材屋さんが作られているもので、
私もお気に入りだったものを、
今回、分子の性質を楽しく学べるものとして取り入れさせてもらいました。
予想以上の大人気っぷりでびっくり!

こんな風に分子と出会えるっていいなあ、、なんて大人の方も興味を持たれていました。



それでは、また。maichi2(変換後)




【コドモtoサイエンスカフェ第五回】〜ほね博士に聞いてみよう!〜

こんにちは!
毎日、暑いですね!

コドモtoサイエンスカフェ第五回の詳細が出来ましたので告知させて頂きますね^^

表
浦




コドモtoサイエンスカフェ2012 ほね博士に聞いてみよう!〜ほねから分かることってどんなこと?〜

今生きている、昔生きていた人や動物の骨、調べることでどんなことが分かるのでしょう!?
みんなのからだの中にあるけれど、なかなか考えることのない骨のお話。
骨を調べることで見えてくるヒミツをほね博士と一緒に探ってみよう!


日時:2012年8月25日(土)17:00〜18:30
場所:箱崎水族館喫茶室
参加費:500円(1ドリンク&会場費込)
お申し込み方法:clcworks2012@gmail.com(坂倉)まで、参加される方のお名前、お子様の年齢、ほね博士への質問(任意)を明記の上、メールでご連絡下さい。

主催:CLCworks
協力:箱崎水族館喫茶室、九州大学総合研究博物館



***********************


このたびも沢山の方のご参加、心よりお待ちしています^^




昆虫採集&標本づくり!

この日は九州大学のある箱崎校区に住んでいる子どもたちと一緒に、
大学構内で昆虫採集&標本づくりをしました!

虫博士、虫お兄さんが来てくれました。

上野先生写真2(変換後)

虫博士、九大農学部の上野高敏博士が早速見つけてくれた「ハナムグリ」を皆で見ています。




和智さん写真2(変換後)

虫を一通り捕まえた後は、校舎の中に入って、
虫博士と虫お兄さんの研究のお話を聞かせてもらいました。


虫の名前を図鑑で調べて...



IMG_0929(変換後)

IMG_0931(変換後)



みんな、立派な標本が出来ました!!


九州大学の箱崎キャンパスには虫もたくさんいます!!

(今回は、「50周年記念講堂」前の水槽のあるカルチャーカフェ付近で、捕りました!)


皆さんも是非、まいちのいる九州大学箱崎キャンパスに遊びに来られて下さいね。

それでは、また。
maichi2(変換後)




【コドモtoサイエンスカフェ第5回】〜ほね博士に聞いてみよう〜


昨年度から開催しております「コドモtoサイエンスカフェ」、
2012年度の最初の詳細が決まりました。

まだチラシなど出来ていないのですが、
こちらでは少し早めにお知らせさせて頂きますね。

【コドモtoサイエンスカフェ第5回】〜ほね博士に聞いてみよう ほねから分かることってどんなこと!?〜

コドドモtoサイエンスカフェ、2012年度初開催となる今回は、
九州大学総合研究博物館のほね博士、舟橋先生が来て下さいます!

いま生きている動物の骨、昔生きていた動物の骨から分かることってどんなこと!?
ほねをじっくり見ていると、そこから驚くべきことが分かってきます。
当日は、色々な動物の骨の模型や、実際の発掘の際の写真なども持って来て下さる予定です!

ほね博士とおしゃべりしながら、
ほねから見えてくる色んなヒミツを探ってみよう♩


日時:8月25日(土)17:00〜18:30
場所:箱崎水族館喫茶室
参加費:500円(1ドリンク&会場費込み)
ゲスト:舟橋京子先生(九州大学総合研究博物館)
ファシリテーター:坂倉真衣(CLCworks)
申し込み方法:
clcworks2012@gmail.com(坂倉)まで参加される方のお名前、お子様の年齢、ほね博士への質問(任意)を明記の上、メールにてお申し込み下さい。

※対象は小学生以上で、子どもが参加する場合は保護者との参加を原則とさせて頂きます。
※20名程度が定員です。定員になり次第、締切とさせて頂きます。


今年度も沢山のご参加、お待ちしています^^☆

FUKUOKAこども地球防衛隊!

こんにちは、まいちです。

今回は、夏休み7月21日から福岡市赤坂にある
「少年科学文化会館」にて行われている
「FUKUOKA こども 地球防衛隊」のご案内です☆

2012koukai(変換後)


*******「FUKUOKA こども 地球防衛隊」~未来の地球を救うのはキミだ!~********
7月21日(土)~8月30日(木) 9時~17時
福岡市立少年科学文化会館1階 学習室
参加無料

九州大学の環境とエネルギーに関する研究(水素エネルギーやカーボン・ニュートラル・エネルギーなど)を生かし、児童・生徒が科学に対する興味や関心を高めるような合同企画展を実施します。今回は、「FUKUOKAこども地球防衛隊」というテーマで未来のFUKUOKAの環境を守るために、子ども達が環境やエネルギーについて学びながら活躍するというストーリーを展開します。会場では「水素カーラジコン」や「二酸化炭素に関する実験」「水素の利用」などの様々なコーナーも設置します。また、クラフト工作やぬり絵などの科学工作も体験できます。

***********************************************


私はこのなかの触って遊べるハンズオンコーナーと
クラフトコーナー(科学工作コーナー)の企画を担当させてもらっています。
また当日コミュニケーターとして、開期中の3分の1位現場にいます☆

クラフトコーナーは、展示のテーマが「環境とエネルギー」ということで、
「自然エネルギーを使って遊べる」色々な科学工作を週変わりで行っています。

おもなものは
•虹色ボックスで光を見よう!
•風車をつくろう!
•まゆだまころりん重力あそび

などなどです。
(材料の関係などで内容が前後したり変更になったりする場合があります。
その際は申し訳ありません。ご了承頂ければ幸いです。)

来週中頃までやっているのは、風車づくり!
紙コップでよく回る風車を作ります☆

「地球防衛隊」として展示内の水素カーやぼんてん分子を体験するとともに
クラフトコーナーで“おみやげ”もつくって持って帰ってくださいね^^


****************


展示も4分の1が過ぎましたが、
「街の中にある科学館ってよいなあ。。。」としみじみ感じています。
街の中のとてもアクセスのよい、子どもたちだけでも来やすい場所にあるので、
毎日、近所の子どもたちもたくさん遊びに来ます。

中にはコミュニケーターまいちよりも沢山来ている(ほぼ毎日!!)
超常連さんもいます。笑

そんな展示のことがよくわかって、
とても積極的な常連さんには「こどもコミュニケーター」として、
色々とお手伝いをしてもらうようになりました。

IMG_0826(変換後)

IMG_0827(変換後)

白衣を着て、てきぱきと実験のお手伝いなどをしてくれる姿は、
本当に可愛いです。
大人コミュニケーターも負けていられません!!笑

IMG_0834(変換後)



分子カードも大人気!
「水素分子!」「アンモニア!」「メタン!!」なんて言いながら、
カードを出し合う子どもたちの姿は何だか不思議です。笑
遊びながらすっかり覚えてしまったようです。
子どもたちの吸収力って本当にすごいですね。

IMG_0833(変換後)

そんな感じで、この夏は忙しくも賑やかで楽しい毎日を過ごしています。

8月30日までやっていますので皆様、ぜひ遊びに来られて下さい!!!
まいちはいない日もありますが、現場にいる他のおとなコミュニケーターやこどもコミュニケーターにも、
気軽に話しかけてくださいね☆


IMG_0828(変換後)


それでは、また。


maichi2(変換後)


開催報告:「発見したもの、びっくりした気持ちを絵本にしよう」

こんにちはー!
毎日本当に暑いですね。

この夏は福岡市の赤坂にある「少年科学文化会館」にて行われている
九州大学総合研究博物館との共催展示、
「FUKUOKA こども 地球防衛隊 」の
クラフトコーナー(科学工作のコーナー)の企画と運営を担当していて、賑やかな毎日を送っています。

とっても遅くなりましたが、6月末に行った、
「発見したもの、びっくりした気持ちを絵本にしよう」のご報告をさせて頂きますね。


***「発見したもの、びっくりした気持ちを絵本にしよう」****
日時:6月30日(土)10時〜12時
九州大学にある博物館をみんなで探検!
そこでの「発見」や「びっくりした気持ち」を
絵や文にしてみんなに伝えよう☆
それぞれが描いた絵はまとめて絵本にして、
ほかの人にも見てもらえるようにする予定です。
********************************


当日は雨の予報にも関わらず、お天気にも恵まれ、
幼稚園から大学院生、お父さんお母さんまで本当に多くの方がご参加下さいました。

IMG_0550(変換後)


今回探検をさせてもらった九州大学総合研究博物館からは
「ほね博士」舟橋京子先生と「いし博士」中牟田義博先生の二人の先生も来て下さり、
子どもたちも博士の説明を真剣に聞いていました。

IMG_0592(変換後)

IMG_0580(変換後)


博物館を一通り、探検したものは、
それぞれ「びっくりしたもの」をスケッチ。

IMG_0598(変換後)

IMG_0606(変換後)


「○○でびっくり」というタイトルでびっくりを見つけた展示品のお隣で発表してもらいました!
IMG_0651(変換後)



後日作成したみんなそれぞれの「びっくり」が詰まったびっくり図鑑。

表紙(変換後)
1(変換後)

2(変換後)

3(変換後)

たくさんの発見が詰まっています。


また、博士にも一緒にスケッチをして頂いたのですが、
お二人の先生とも「1つのものに注目をして比べる」という形で書かれていました。

18(変換後)

19(変換後)


博士のスケッチを見て、「博士の眼」を感られじたのではないかなあ、、と思います。
本当に色んな視点での色んな発見があって、本当に面白かったです。
ご参加下さったみなさま、ご協力くださった先生方、本当に有り難うございました^^☆


「みんなで発見!びっくり図鑑」はCLCworksのお部屋に置いています。
機会があれば、皆様ぜひ見に来て下さいね。



それでは、みなさま暑いですのでくれぐれもお体ご自愛くださいませ。
maichi2(変換後)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。