FC2ブログ

いきものがたり

こんにちは!坂倉真衣です。

コドモtoサイエンスカフェ第六回への沢山の参加申込、有り難うございました。

あっという間に定員になりました。(やはり虫人気、すごい!)

参加されるみなさま、当日は気をつけてお越しになられて下さいね^^


*****************


今日はこちらの本のご紹介。
科学絵本、というより、科学読物と言った方がよいかもしれません。

いきものがたり
いきものがたり 生物多様性 11の話/ダイヤモンド社


私は大学院に行きながら、高校の講師をしていて、生物を教えています。
今年度から新しい学習指導要領が適用になり、理科の中でも歴史の新しい
高校生物の教科書はぐっと内容が変わりました。

これまでとは変わり、大きく取り上げられるようになったものの1つが、
「環境問題」なんですね。(もう1つがバイオテクノロジー)

これまでは、現代社会や家庭科などの中で扱われていたことが、
“答えのない”生物学の問題として、新しい高校生物「生物基礎」には大きく取り上げられるようになっているのです。


私はどちらかというと(いえ、言わなくてもか)、
元々、分子生物学が専門で、これまでこれほど大きな視点で、生物を捉えることがありませんでした。
でも、「生物基礎」を教えるにあたり、地球温暖化や砂漠化、生物多様性の問題などが喫緊の問題として、目の前に広がってきます。

地球規模で抱える様々な問題が列挙される教科書を見ながら、
そしてそれを生徒に教えながら、ものすごく重たい内容に気分もどんより暗い気分になったり...

用語を覚えることは簡単かもしれませんが、そうではなく、考えていかなければならない問題として理解してもらうことの必要性。
その中で生徒と簡単に共有される、考えていける問題ではないこと、
でもだからこそ、どう共有し考えていけるかを私自身問うこと、
また私自身考えを深め、どう行動していけるかということを突きつけられています

これからを生きていく考えていく高校生達にも、
(決して彼ら彼女らがやってきたことではないから、よいり心が重たいのですが)
答えではなく一緒に考えていける材料の1つとして、
授業をしていけたらと強く思うばかりです。

まだまだ力不足を感じますが、私に出来ることを1つ1つ。

Think globally, Act locally ... の精神で


以前書いた記事で紹介した書籍も思い出されます。

生きものを研究する仲間はもちろん、あらゆる人々と語り合うことで、
皆が生きやすい社会のありようを考えたいのです。


ここで言われている皆という言葉。
決して人間だけのことを指すのではありません。

「空気」まど•みちお

ぼくの 胸の中に
いま 入ってきたのは
いままで ママの胸の中にいた空気
そしてぼくが いま吐いた空気は
もう パパの胸の中に 入っていく

同じ家に 住んでおれば
いや 同じ国に住んでおれば
いやいや 同じ地球に住んでおれば
いつかは
同じ空気が 入れかわるのだ
ありとあらゆる 生き物の胸の中を

きのう 庭のアリの胸の中にいた空気が
いま 妹の胸の中に 入っていく
空気はびっくりぎょうてんしているか?
なんの 同じ空気が ついこの間は
南氷洋の
クジラの胸の中に いたのだ

5月
ぼくの心が いま
すきとおりそうに 清々しいのは
見わたす青葉たちの 吐く空気が
ぼくらに入り
ぼくらを内側から
緑にそめあげてくれているのだ

一つの体を めぐる
血の せせらぎのように
胸から 胸へ
一つの地球をめぐる 空気のせせらぎ!
それは うたっているのか
忘れないで 忘れないで…と
すべての生き物が兄弟であることを…と


このような感覚、
生物としては当たり前の...いまの私にはあるだろうか

私もこれからずっと考えていきたいです。
スポンサーサイト

【本日!】コドモtoサイエンスカフェ告知/科学絵本紹介

こんにちは、まいちこと坂倉真衣です。

まだまだ毎日暑い日が続いていますね。
皆様、体調等崩されていないですか。
福岡では、ここのところ続いてだった極地豪雨が降ってから、
気持ち涼しくなった気がしています。

このまま秋に突入!!?でしょうか。
(まだ夏らしいことほとんどしてません〜。。。)

****************


さてさて今回は、コドモtoサイエンスカフェ第五回の再告知です。
こちら。
本日ですー!!!!!
まだ空きがありますヨ^^ 当日の飛び入り参加も大歓迎です。

夏休みの思い出の一つにいかがですかー!???


表
浦

コドモtoサイエンスカフェ2012 ほね博士に聞いてみよう!〜ほねから分かることってどんなこと?〜

今生きている、昔生きていた人や動物の骨、調べることでどんなことが分かるのでしょう!?
みんなのからだの中にあるけれど、なかなか考えることのない骨のお話。
骨を調べることで見えてくるヒミツをほね博士と一緒に探ってみよう!


日時:2012年8月25日(土)17:00〜18:30
場所:箱崎水族館喫茶室
参加費:500円(1ドリンク&会場費込)
お申し込み方法:clcworks2012@gmail.com(坂倉)まで、参加される方のお名前、お子様の年齢、ほね博士への質問(任意)を明記の上、メールでご連絡下さい。

主催:CLCworks
協力:箱崎水族館喫茶室、九州大学総合研究博物館


今回は、いつもより参加者が少ないです〜。
夏休みの最後の日曜日。子どもたちは、宿題に追われてるかなー。
そんな子どもたちは、ぜひ、自由研究のネタに!笑
ほね博士と気軽におしゃべり出来るよい機会ですので、
興味のある皆様は、ぜひ参加をご検討くださいませ。

参加される予定の方からは、こんな質問も来てますよー!!!!

ほねってどうやってできるんですか?(小学3年生から)

高齢になりカルシウムが不足すると「骨粗しょう症」に
なりやすいと聞きますが、その組織を調べることによって
当時の食性や生態系など、調べられるのでしょうか?
(大人の方から)

会場とのおしゃべりも含めたゆるりとした会になればと思っていますので、
骨について何気ない疑問を持っている皆様、ご参加下さい〜!

*************************


さて、久しぶりになりましたが、
科学絵本のご紹介です。今日は2冊!


ほらあめだ!/フランクリン•M•ブランリー/福音館書店
ほらあめだ 画像
雨のできる仕組みを確かめに、気球に乗って雲の上にGO!
ファンタジーな展開や、色彩豊かな絵に見ているだけでわくわくです。

からだたんけん/ジョアンナ•コール/岩波出版

からだたんけん
こちらは、身体に入った食べ物の行く先を探るため、バスに乗って、身体の中へGO! 科学を勉強していると、目には見えない物も見えてくるし、行けない場所にも「そこにいる」感覚にしてくれる。身体の中のことが、生き生きと分かる一冊。


2冊とも海外の絵本で、
ファンタジーとサイエンスが一緒になったような絵本です。
前者はあめの仕組みを知るために、後者はからだの中を知るために、
気球に乗ってお空の上に、車に乗って身体の中に行っちゃいます。

こんなこと出来っこないし、それは科学的じゃない!なんて言われそうですが。

こういう「そこにいる」感覚、
見えないんだけれど、そのものが「見える」感覚、って科学研究をしたことのある人だったら誰しも持っているのではないかなあ、、なんて思っています。


以前、紹介をした「もしも原子がみえたなら」の作者の板倉聖宣さんもあとがきでこうかかれています。


<科学者の使っている不思議なメガネ>の思い出
(板倉先生が子どもの頃に読んだ『物理化学物語』という本に書いてあったことをめぐって)

 じつは、その「<不思議なメガネ>を使うと原子や分子の動きまでも見える」というのは本当のことではありません。しかし私は、その話を本当の話として受け入れてしまいました。しかも私は、その後大学生になってまでも、何となく「原子や分子は、その動きまで目に見えるものだ」と思い込んでしまいました。しかし、その思い違いは私にとってマイナスになることはありませんでした。
 その頃の私だって、「本当は電子顕微鏡を使っても、原子や分子は見ることはできない」ということを知っていたはずなのですが、私はあたかも原子は目で見えるものと思いつづけたのです。そのため私は、同世代の科学者の卵よりもずっと、生き生きと原子/分子の世界をイメージすることができたような気がしてなりません。




この話は、また近いうちに。
それでは、またmaichi画像

科学の絵本〜うーらうららはるまつり


こんばんはー!まいちこと坂倉真衣です。
まだまだ冷えますね。

福岡では昨日今年おそらく一番の積雪でした!



最近は3月17日に迫った
コドモtoサイエンスカフェ2011の最終回@アクロス円形ホールの準備を進めています。

もう少ししたら告知をさせてもらいますね=

色々と慣れないことも多く手間取っていますが、
とっても楽しい会になりそうです〜っ
わくわく。





今日の一冊は春に先立ってこんな絵本。

うーらうららはるまつり
うーらうららはるまつり/福音館書店


小さい頃に読んで、とーっても大好きだった一冊です。
一昨年のちょうど今頃、何だか急に思い出して
かすかに、おぼろげに覚えていたいくつかのキーワードで検索をして
再び出会うことができました。

冬が終わりに近づいて、少しずつ春の気配を感じ始める頃、
読みたくなります。

自然がくれた恵み、なんて言うと大げさかもしれないけれど
小さい頃、田んぼや空き地の中で夢中になって遊んだことを思い出しますね
何より贅沢な時間だったなあと思います

出てくる子どもたちも、保育園の二人の先生(おばあちゃんせんせいとおねえさんせんせい)も
生き生きと描かれていて、
草花に触れる感覚とかにおいとかがリアルに感じられ
その絵本のなかで起きている色んな出来事の中に、自分の子ども時代を重ねて見たりしています

ただただ、楽しかったんだよなあ
本当に夢中っていう言葉も思いつかないくらい、夢中でした

冬から春に近づいて、薄緑色の新芽が新しく出るだけで、
小さな赤い蛇イチゴを見つけるだけで、ドキドキ居ても経ってもいられなかった
そう、水色のオイヌノフグリ!
ホトケノザの蜜も吸ってましたね〜

光景がありありと思い返されます。

そういう体験、いつまで経っても大切にしたいですネ。

絵本の紹介というより、
私の思い出語りみたいになってしまいましたが。笑


絵本では春の草花を使ったいろいろな遊びも紹介してあるのですが、
その1つ1つもとっても魅力的です

春になったら春の草花をたくさん使ったはるまつり、やりたいなあ〜



それでは、またまいち






科学絵本の紹介〜じっけんきみの探知機



先日の「科学の種の見つけ方講座 vol1〜ペットボトル顕微鏡をつくってみんなで発見しよう〜」には
3冊の本を持って行きました。


ミクロの世界
ミクロの世界(たくさんのふしぎ傑作集)/田中敬一

ひとの眼でも、光学顕微鏡でも見えない
電子顕微鏡を使ってようやく見える世界が広がっています。



ミクログラフィア
ミクログラフィア図版集―微小世界図説 /ロバートフック

細胞を発見されたロバートフックさんの本。
図書館で借りて持って行きました。中でもノミのスケッチは圧巻。
(虫嫌いの人は思わず目をつぶってしまうかも)
フックさんの感動がありありと伝わってくるようです。


じっけん きみの探知器
じっけん きみの探知器(たくさんのふしぎ傑作集)/山下恵子

個人的にとっても好きな本。
探知器のしくみは、だれでも同じなんだけど、探知器でまわりをさぐってつくりあげた世界は、一人一人ちがっている。これは、その人の興味によって、探知器の向きやするどさがちがうからだ。もっと耳をすまそう。もっと目を見はろう。きみの探知器をはりめぐらして、ピッピッピッと世界を感じよう。きみのつくる世界はどんなかな?
今日も大活躍だった、ぼくの探知器、私の探知器。明日の朝まで、ゆっくりおやすみ。




まだまだ寒いけれど、少しずつ春を感じる最近です。
新しい出会いも少しずつあるよ〜っ


それでは、また1




科学絵本の紹介〜きらきら


こんばんは、坂倉真衣です。

小学生を対象にした一時間半のワークショッププログラムを考えています。

科学の種を見つける「見方」を一緒に体験できるような、
ワークを挟んで一時間半。科学の導入的なものに出来たらなあと考えているのですが。

いつもながらプログラムを新たに考えるときはとにかく悩みますね〜。
この過程が楽しかったりするんですけどね。

相変わらず子どもたちと科学することについて考える日々です。


*******


すっかり寒くなってきましたね。
初雪が観測された地域もちらほら。


きらきら

きらきら/谷川俊太郎、吉田六郎


しんしんと降ってくる雪の1粒1粒には
1つとして同じ形はないと思うと、寒い冬に空を見上げることが楽しくなります

降ってくる雪には1粒1粒、形があること
頭では分かっていても、目に見えないから心のどこかについ忘れてしまうこと
小さい頃「雪の結晶」と聞いて感じたドキドキを思い出させてくれます。

さまざまな形の雪の結晶の写真がとにかく綺麗、
雪が降るのが待ち遠しくなる、雪が降る日にそっとその1粒を手に取って見たくなる本です。


*******


福岡の初雪はいつになるでしょうか。
今日はそんなことを考えながら、暖かくして寝たいと思います。

それでは、また。まいち



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。